葉酸サプリ 妊活 妊娠中の必要性

葉酸サプリは妊活、妊娠中に本当に必要ですか?

母子手帳などに食品や栄養補助食品などから1日400μgの葉酸を摂取するよう書かれていますよね。

 

でも全く葉酸摂取を気にしない人もいるし、サプリメントで一生懸命葉酸を摂取する人もいます。中には過剰摂取になるほどいろいろなサプリメントを複数飲んでいる人も・・・

 

妊活中や、妊娠中に葉酸は本当に必要なのか誰しも疑問に思うのではないでしょうか。これからその疑問についてご説明したいと思います。

 

妊活に葉酸がなぜ必要なのか?

妊活中又は妊娠中に葉酸摂取を勧める理由は赤ちゃんが健康に生まれてくるためです。もっと正確な期間を言うと、妊娠1か月前から妊娠3ヶ月までが特に葉酸を必要としている時期になります。

 

妊活中に葉酸が必要なのは、妊娠しやすいよう子宮の内膜を厚くし受精しやすくなる為だけではありません。

 

実は妊娠に気づくころには早くて妊娠2ヶ月くらいになっていることが多く、葉酸が必要な時期にも関わらず、妊娠に気づいていないので葉酸が摂取できていない状況になっている人が多いためです。

 

そのため妊娠する前から葉酸の摂取が勧められています。

 

妊娠中の葉酸

さて、妊娠すると葉酸が必要になる理由ですが、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐ為と、ママの貧血を防ぐためと言われています。

 

神経管閉鎖障害とは赤ちゃんが細胞分裂を繰り返す中で正しい遺伝子情報が伝わらず、脊椎が変形することで運動麻痺や感覚が麻痺することや、脳が出来ずに無脳症と呼ばれるものになってしまう先天性異常のことです。

 

特に赤ちゃんの細胞分裂が多く行われる妊娠2ヶ月頃に特に葉酸を必要としています。

 

葉酸摂取を厚生労働省などが特に勧めている理由が実はもう一つあり、栄養バランスよく食事をしても食事だけでは1日に必要とされる葉酸400?を摂取することが困難であるからです。

 

葉酸は水溶性な性質上、水に溶けやすく、熱に弱いため調理して食べると実際に野菜に含まれている量の半分くらいになってしまいます。

 

そして体に吸収される割合も低く平均で230μg前後しか摂取することができないとも言われています。必要量のだいたい半分くらいにとどまっています。

 

妊活中や妊娠中に葉酸は重要な栄養素なだけに、食事だけでは足りないと分かっているからこそサプリメントなどでの摂取を呼び掛けているわけです。

 

このように葉酸は赤ちゃんの体を作っていく上で重要な栄養素で、葉酸が不足することで先天性異常を引き起こし、先天性異常になってしまった赤ちゃんは残念がなら流産や死産をしてしまうことが多いです。

 

先天性異常にならなくても葉酸不足は貧血などを引き起こし赤ちゃんに栄養や酸素が届かなくなる危険性もあることから積極的に摂取したい栄養素と言えます。

 

口コミ情報:不妊治療中に葉酸サプリを使ってみた結果…(30代)

今現在妊活中という人も多いと思います。ですが、そういう人の多くは病院に行って不妊治療は受けても葉酸サプリを使っていないという人が多いと思います。

 

私も妊活を始めたばかりの頃は葉酸サプリを使わずに病院に行って不妊治療を受けていました。

 

ですが、いくら病院に行って不妊治療を受けても妊娠できませんでした。それでどうしたら良いか友人に聞いたら妊活はただ病院に行って不妊治療を受けるだけではダメだと言われて紹介されたのがベルタの葉酸サプリでした。

 

このベルタの葉酸サプリを使ったおかげで妊娠できたという人が多いと聞いて私もこのまま病院に行って不妊治療を受け続けるよりもこのベルタの葉酸サプリを使った方が良いと思って使うようになりました。

 

すると、それまで全然妊娠の兆候が出てこなかったのがこれを飲んでから妊娠しました。

 

ただ、これと並行して病院の不妊治療も受けていたので完全にベルタの葉酸サプリだけのおかげで妊娠できたとは言えないです。

 

ですが、少なくともこれを飲むようになる前は全く妊娠できる気配がなかったのは確かです。でも、ベルタの葉酸サプリを飲んでから妊娠できて本当に良かったです。

 

なので、これまでいくら病院に行って不妊治療を受けても妊娠できなかったという人がいるならとりあえず葉酸サプリを試してみる事をおすすめします。

 

割と私と同じように不妊治療を受けても妊娠できなかったという人も葉酸サプリを飲んで妊娠できたという人も多いのでおすすめです。

 

参考記事

ベルタ葉酸サプリを飲んだ感想。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top