妊活と漢方薬の効果

妊活に漢方薬を飲む理由と効果

妊活中の方が漢方を使用することが増えてきています。クリニックや病院で治療を受けていると漢方を処方されることが多いのではないでしょうか。

 

妊活でクリニックや病院を受診するとまず体の状態を検査し、妊娠できない理由を探します。女性だけではなく、男性も原因を探すために検査を行うのですが、妊娠できない原因を見つけることができない場合もあります。

 

このような時に漢方を処方され体質の改善をすることで妊娠しやすくなるように治療します。

 

妊活中に漢方が使われる理由

冷え性、ホルモンバランスの乱れ、卵巣や卵子の発育不全など不妊の原因は人それぞれなのです。そんな時に薬ではなく漢方を使用するのには理由があり、漢方は植物・動物など自然のものを材料として作っているので体に優しいのです。

 

中国の薬と思われがちですが、現代の漢方は日本独自に開発、研究されたものですので国産のものが多いです。漢方は苦いイメージがある方もいると思いますが、自分の症状つまり体の悪い部分に合った薬であれば苦く感じないとも言われています。

 

漢方の効果ですが、冷え性、貧血、ストレスなど女性によくあるこのような症状に漢方を使うことで治すことができます。冷え性を治すことで血液循環が良くなり、体の隅々まで血液や酸素、栄養を運ぶことができるようになります。

 

子宮は体の生命に直接関わらない場所ですので、冷え性の方の場合子宮まで血液が沢山流れず妊娠しにくくなっています。ストレスを強く感じている人は漢方を服用することで自律神経を落ち着かせ、ホルモンバランスを治すことができます。強いストレスはホルモンバランスを乱し、女性ホルモンが出にくくさせています。

 

このように漢方は妊活に欠かせないもので、健康で妊娠できる力があるのに妊娠できない人に体質を改善するためにとても効果的です。

 

妊活や不妊治療のための漢方

不妊治療と同じくらい、妊活で漢方を使用することは効果があるとされています。不妊治療は体や繁殖機能に問題がある場合に病気を治療することや、体外受精などをすることで妊娠することができます。

 

それに対して漢方は繁殖機能に問題があると考えるのではなく、体に問題がないか考えて、体の不調を整えながら妊活をサポートします。妊活でまず対処しなければいけないことは、体の不調を治すことです。

 

冷え性、むくみ、食生活の乱れ、ストレスなどを感じている人はその症状に合った漢方を使用することで改善することができ、体のバランスを整えることができます。

 

体の調子が良くなっていくと生理周期が整ってきたり、質のいい卵子ができるようになったりするので妊娠しやすくなるとも言われています。不妊治療を長年していた方が漢方を使用したら、すぐに冷え性が治り妊娠することができたという体験談もあるくらいです。

 

そして漢方は薬ではなく、自然の素材から出来ているものなので体に負担が少なく、副作用がありません。不妊治療と併用して服用できるので両方一緒に行っても大丈夫です。

 

不妊治療で使われる排卵誘発剤や、ホルモンバランスを整える薬には副作用があるので、その副作用を軽減させる漢方もあります。漢方は一人一人体の調子や症状が違うため、できるだけオーダーメイドで作ってもらうことをオススメします。

 

その方が悪い箇所を見つけやすいだけでなく、漢方の組み合わせなどの相談もできるため安心です。

 

妊活にお勧め漢方とその効果とは?

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は貧血、たちくらみ、むくみ、冷え性、流産防止に効果的です。貧血が原因で冷え性を起こしている人も多く、この漢方は貧血と冷えに両方効果があります。妊活中の女性に特に人気の漢方です。

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)はストレスを感じている人に効果のある漢方です。加味逍遥散を服用することで自律神経が落ち着き、精神的に安定することができます。不安や感情の起伏解消にお勧めです。子宮や卵子が良質になる効果もあるそうで、妊活力を上げることができます。

 

そしてこの漢方薬は妊活をしている男性にも効果的で精子の運動量が上がる漢方として注目されています。

 

漢方は自分で選ばず、医師や専門員に体の状態を話、自分専用に作ってもらうことをお勧めします。漢方は薬ではないので副作用は少ないですが、中には妊娠に適さない漢方もありますので、医師に相談することも必要です。

 

夫にも漢方は効果的?

妊活中で夫にも漢方を勧めた方がいいか迷っている方が多くいます。不妊の原因の半分は男性側に問題があると言われています。

 

男性も女性と同じように年齢を重ねると生殖機能が低下していきます。そこにストレスや食生活の乱れなどが加わり、体の不調につながってしまいます。

 

そのような方には漢方がとてもオススメで、生殖機能の改善やストレスを軽減させてくれる漢方もあります。そして食生活の乱れも漢方で改善することができますの、バランスのいい食事ももちろん大切ですが、即効性を求めるのであれば漢方を検討した方がいいのかもしれません。

 

疲れやすい、疲れが取れないという症状も体の不調の一つです。病気ではないのに漢方を服用することに抵抗がある方もいますが、漢方は薬ではありませんので栄養ドリンクのような元気を付けるためのものと考え試してみて下さい。

 

不妊治療中に通っていたクリニックでは、夫にツムラの漢方薬が処方されました。精子の運動率は50%を切ると良くないようですが、検査の結果50%を下回ったため自然治癒力を目的として漢方薬を勧められたわけです。

 

妊娠力を上げるのは女性だけでなく男性の妊娠力も大切です。

 

参考記事

旦那さんにも葉酸は必要?男性の妊活におすすめな葉酸サプリ

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top