妊娠高血圧症候群の原因

妊娠高血圧症候群

妊娠生活は何事もなく順調な人もいれば、つわりや便秘、貧血など様々なトラブルが起こる人もいます。

 

今回はトラブルの中でも特に慎重な対処が必要な「妊娠高血圧症候群」について解説したいと思います。

 

妊娠高血圧症候群とは

妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降〜産後12週の間に何らかの理由で高血圧になるか、それにプラスして尿蛋白が出る病気の総称です。

 

妊娠20〜32週未満の間に発症した場合は「早発型」、妊娠32週以降に発症した場合は「遅発型」と呼びます。

 

そもそも妊娠中は血液量が増えるので血圧が上がってしまうことがあるのですが、あまりに血圧が高くなってしまうと妊娠高血圧症候群と診断されてしまうのです。

 

妊娠高血圧症候群は妊婦の20人に1人程度の割合で発症するので決して珍しい病気ではありません。しかし、重症化すると母体や胎児に様々なリスクがあるので注意が必要な病気だと言えるでしょう。

 

妊娠高血圧症候群の症状

妊娠高血圧症候群は高血圧になる様々な病気の総称です。妊娠高血圧症候群の代表的な疾患のうち「妊娠高血圧」の場合は、症状は血圧が高くなるだけです。

 

ただし、高血圧による頭痛やめまいを伴うケースもあります。また、特徴的な自覚症状としてはむくみや急激な体重増加が挙げられます。

 

「妊娠高血圧腎症」になると蛋白尿が出るようになります。症状が重くなると合併症を起こすこともあるので、妊娠高血圧よりも危険度が高いです。

 

妊娠高血圧症候群のリスク

妊娠高血圧症候群は妊娠32週以降に起こることが多いですが、重症化しやすいのは妊娠20週〜32週未満に発症する「早発型」のケースです。

 

重症化すると脳出血やけいれん症状、腎臓や肝臓の機能障害などが起こることもあり、最悪のケースとしては「ヘルプ症候群」という病気につながってしまうこともあります。

 

※ヘルプ症候群…溶血(Hemolysis)・肝酵素の上昇(Elevated Liver enzyme)・血小板の減少(Low Platelet)が起こる病気。

 

100人に1人の確率で母体死亡のリスクがある危険な病気なので、早期の発見と適切な対応が必要です。

 

また、妊娠高血圧症候群のうちでも妊娠高血圧腎症になると、分娩前に子宮から胎盤が剥がれてしまう「常位胎盤早期剥離」が起こりやすいと言われています。

 

なお、妊娠高血圧症候群は母体だけでなくお腹の中の赤ちゃんにも様々なリスクが生じます。

 

胎盤が機能しないせいで赤ちゃんに酸素や栄養をうまく送ることができず

  • 赤ちゃんの発育が悪くなる「胎児発育不全」
  • 赤ちゃんの体重が少ないまま生まれてしまう「低体重出生児」
  • 赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまう「子宮内胎児死亡」

などを引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

妊娠高血圧症候群の治療法

妊娠高血圧症候群の根本的な治療法は妊娠の中断(分娩)です。

 

しかし、妊娠34週未満でお腹の赤ちゃんが未熟な場合は治療を行いつつできるだけ妊娠を継続し、タイミングを見て分娩を行います。

 

妊娠高血圧症候群でも軽症ならば、自宅で安静にして食事療法をします。併せて、血圧を抑える降圧薬や子癇発作を防ぐ硫酸マグネシウムなどを投与することもあります。

 

重症の場合は、入院して食事療法と薬物療法を行いながら状態を管理します。

 

妊娠32〜34週を過ぎたら分娩をするべきとされていますが、それ以前でも母体への負担が大きい場合は分娩に踏み切るケースもありえます。

 

妊娠高血圧症候群の原因や予防法は?

実は、妊娠高血圧症候群の明確な原因は判明していません。

 

しかし、

  • 35歳以上(高齢出産)
  • 初産
  • BMI25以上
  • 糖尿病や腎臓病などの持病がある
  • 妊娠高血圧症候群にかかったことがある
  • 多胎妊娠や胞状奇胎(染色体異常による病的な妊卵)

などの条件に当てはまる人は発症のリスクが高いと言われています。

 

また、急激な体重増加があると発症リスクが高くなると考えられているので、妊娠中は栄養バランスの取れた食事や適度な運動を心がけましょう。

 

妊娠高血圧症候群の場合に早期発見できるよう、妊婦健診はきちんと受けるようにしてくださいね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top