妊娠中の葉酸の摂りすぎ

妊娠中の葉酸の摂りすぎ。副作用や症状。

葉酸の摂りすぎには注意が必要です。葉酸の副作用について説明する前に、まず葉酸の働きについてお話しします。

 

葉酸の働き

葉酸とはビタミンB郡の一種で水に溶けやすく、熱に弱い性質があります。

 

ほうれん草、ブロッコリー、納豆、苺などに多く含まれていますが、性質上調理が難しく体内での吸収率も低いことから食事だけではなかなか基準値を摂取することができません。

 

葉酸は細胞の生産と再生を繰り返す細胞分裂で必要な栄養素だけでなく、赤血球を作り体に酸素を運ぶ役割もあります。

 

妊娠中に特に葉酸の摂取が推進されているのは赤ちゃんの細胞をきちんと作るためと、正しい遺伝子情報を伝える為だとも言われています。

 

そのため葉酸不足になると赤ちゃんが先天異常を発症するケースがあり、妊婦は1日400μgの葉酸摂取することで健康な赤ちゃんを出産できると言われています。

 

また、妊活中の人にとって葉酸は赤ちゃんを授かるために重要な栄養素で、妊娠しやすい体を作る働きがあるとも言われています。

 

1日の葉酸摂取量とは?

葉酸は体の中で作ることができない栄養素ですので食べ物から摂取するしか方法がありません。葉酸自体は赤ちゃんの体や脳、自律神経などを作る際、先天性異常のリスクを減らすことができるということで妊活中からの摂取が勧められています。

 

葉酸は先天性異常のリスク軽減以外でも必要な栄養素で、血液中にある赤血球の材料として使われています。葉酸欠乏性貧血という病名があるくらい葉酸と貧血の関係は深いです。

 

しかし、葉酸は熱や水に弱く調理する段階で半分以上の葉酸が減ってしまっています。体内に葉酸が入ってもビタミンやミネラルなどが不足していると葉酸の吸収する力が弱く、沢山食べても思うように体に吸収することができない栄養素になります。

 

そこでサプリメントを活用することでしっかりと必要な量の葉酸が摂取できるようになります。葉酸の1日の必要量は400μgと言われており、食べ物だけでこの量を摂取することはどんなにバランスの取れた食事をしていても難しいです。

 

葉酸の過剰摂取と副作用

葉酸の過剰摂取となる量1日1000μgと言われており、食事だけでこの数値を超えることはかなり難しいです。

 

葉酸の過剰摂取をしている原因は葉酸サプリメントの服用量を超えている可能性が高く、いろいろな葉酸サプリメントを複数飲んでいるか、1種類のサプリメントを大量に服用しているからではないでしょうか。

 

葉酸の過剰摂取による副作用として起こることは体に痒みや蕁麻疹、湿疹などの皮膚系のトラブル、発熱、食欲不振、吐き気、むくみなど、重い場合だと呼吸障害などがあります。

 

しかしこのような症状を過剰摂取が原因で起こることは非常にまれで過剰摂取をしたからと言ってこのような症状が必ず出るわけではありません。

 

妊娠中に葉酸を過剰摂取した場合、赤ちゃんへの影響が気になるかと思いますが、正確な副作用についてはまだはっきりとした研究結果が出ていません。

 

ただし、海外の大学が研究した結果によると葉酸を過剰摂取した場合赤ちゃんが産後喘息になるケースが通常よりも1.26倍増えるという調査結果が報告されています。

 

ちなみに先天異常で生まれる赤ちゃんは全体の5%ですので、過剰摂取による葉酸の副作用にも注意が必要であることが分かると思います。

 

高齢者が葉酸を過剰摂取してしまうと他の栄養素を体が吸収できなくなることで起こる貧血や呼吸不全、認知症、歩行困難などを引き起こし、ビタミンB12欠乏症の診断を難しくしてしまうこともあります。

 

葉酸は妊婦には重要な栄養素ですが、過剰摂取は妊婦自身だけでなく赤ちゃんにまで副作用の危険がありますので葉酸サプリメントを服用する場合には必ず決められた服用量を守るようにしましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top