妊娠 マタニティ下着

マタニティ下着の必要性について

妊娠中は、おなかが少しふくらんだ頃にはマタニティ下着につけかえましょう。普段つけている下着は締め付けがきつく、妊娠時にはあまり向いていません。

 

マタニティ下着なんて本当に必要なのかな?と思いがちですが、最近のものは機能的にできていますので、まずは1着購入して試してみましょう。

 

マタニティブラジャー

妊娠3ヶ月目くらいになると、胸もふくらんできて、いつもの下着がきつくなってくることがあります。

 

普段のブラジャーはワイヤー入りのものが多いですが、これだと胸のまわりの乳腺を圧迫してしまい、これから母乳を作るために大きくなる胸のためによくありません。

 

そして出産が近づくにつれて胸は2カップくらい大きくなる人もいますので、サイズ調整が可能なマタニティ用を選ぶことをおすすめします。まずは下着売り場に行ってしっかりサイズを測ってもらいましょう。

 

多くのマタニティブラは出産後でも使えるように授乳しやすい設計がされています。形は様々ですので、自分の好みのものを選びましょう。

 

多くのブラはカップ部分が柔らかく、簡単に胸を出せるような仕様になっていますが、ホック式でカップを大きくはずせるもののほうがわずらわしくなく便利です。

 

マタニティブラにもワイヤー入りのタイプがありますが、基本的にはワイヤーなしの柔らかい素材でなるべく締め付けないタイプのほうが安心です。

 

マタニティショーツ

普段つけているショーツだときつくなったり、おなかがカバーできなかったりするのでマタニティショーツを購入しましょう。大きなショーツで敬遠しがちですが、はいてみると締め付けがなくてとても楽です。

 

妊娠中の冷えは大敵なので、ショーツ1枚大きくなるだけでもおなかを冷えから守れます。

 

産前ガードル

おなかが大きくなるに連れて腰痛が出てくる妊婦さんは多いです。そのためにも骨盤をしっかりホールドできるガードルはとても役にたちます。下着メーカーからいろいろなタイプのものが出ていますので、まずは1枚試してみてください。不思議ですがはいているときは腰痛が楽になります。

 

腹帯

さらしタイプのものは巻くのが大変なので、今は腹巻きタイプの腹帯が便利です。おなかを冷やさないようにするためと、大きくなるおなかを支えるためにもあると便利です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top