出産方法の種類

出産方法の種類

妊娠すると、出産方法について考えるお母さんは多いと思います。

 

現在は、さまざまなスタイルでの出産が選択できるということも悩みを深くしている原因かも知れません。

 

ほとんどの場合、出産は何度も経験できることでは無いですので、自分にとってよい方法を選びたいと思うのは自然なことです。

 

では、どのような出産方法があるのかご紹介します。

 

自然分娩

自然分娩とは、医療処置をしない経腟分娩のことです。ここで言う医療処置とは、陣痛促進剤や局所麻酔などを使用することです。

 

自然に陣痛が訪れるのを待ち、自然な経過にそって出産する方法です。

 

無痛分娩

無痛分娩とは麻酔を使用し、痛みを感じない出産方法です。

 

近年は、麻酔の範囲が子宮と産道付近のみの局所麻酔で行われるので、お母さんの意識ははっきりしており、お産の進行や赤ちゃんの産声を聞くこともできます。

 

局所麻酔のため、産院や医療機関によっては自然分娩のうちと考える場合もあります。

 

方法によっては痛みの軽減の度合いが変わりますので、出産する病院で確認してみて下さい。

 

ラマーズ法

精神予防性無痛分娩法のひとつ。

 

こう言うと何だか難しいですが、お産の方法や陣痛について学び理解することで不安感や恐怖心を抑える方法です。

 

妊娠中から、緊張と弛緩のバランスをとる方法と、お産の時に行う呼吸法について練習します。

 

一時期、流行しましたので「ひっひっふー」という呼吸法は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

ソフロロジー式

精神的、肉体的に練習することによって心身の安定を得るソフロロジーを応用した出産方法。

 

陣痛は、お産に必要なエネルギーと考え、痛みではなく積極的な喜びだと考えるのが基本的な方法です。

 

”ソフロ”とは、ラテン語で”心を落ち着かせる研究”という意味です。

 

妊娠中から、ヨガや瞑想を取り入れたイメージトレーニングを行います。ラマーズ法との違いは、いきまないことです。

 

陣痛がある間は、ふーーーっとゆっくり息を吐き、いきまず、子宮の収縮に任せて自然に生まれてきます。

 

水中分娩

プールと言っても、体温と同じ36度くらいの温水の入ったプールの中での出産方法です。

 

入浴効果で陣痛を緩和するとともに、リラックスした状態でお産に臨めます。

 

自然な体勢で過ごし、水中で生まれた赤ちゃんは自分で抱き上げます。(助産師が抱き上げる場合もあるようです)

 

ただ、水中分娩を行なえる施設は限られています。また少しでもリスクのある産婦には適応できませんので注意して下さい。

 

フリースタイル分娩

その名の通り、お母さんの好きな体勢で産むことが出来ます。

 

リラックスして出産に臨めるというメリットとともに、自分で産むという主体性が求められる方法です。

 

フリースタイル分娩は、アクティブバースとも呼ばれる、産む人自身がどんなお産をしたいか積極的に考えて自由なスタイルで出産する方法です。

 

助産院の多くはこの方法です。出産ポーズは様々です。

 

座位

和式トイレにしゃがむようなスタイル。分娩台を起こして座ったり、クッションにもたれたリ、お父さんに後ろから支えてもらったりします。

 

四つん這い

分娩台などで両手両ひざをついた状態で出産します。腰に負担がかからないので、自然と骨盤が開きやすく赤ちゃんが通りやすいという利点があります。

 

側臥位

横向きに寝た状態での出産。お腹が大きくなってくると横向きで眠ることが多い妊婦さんにとって慣れた態勢でリラックスできます。

 

立位

立ったまま出産する方法。何かにつかまったり、お父さんに支えてもらいながら出産します。

 

重力を最大限に生かしたスタイルなので、赤ちゃんが降りてきやすいです。ただし、支えてくれる協力者やお母さん自身も体力がいる方法でもあります。

 

帝王切開

経膣分娩ではなく、お腹を切って直接赤ちゃんを取り出すお産の方法です。母体や赤ちゃんの状態によって、あらかじめ予定を決めて行うことが多いです。

 

母体にリスクがある場合や、双生児を超える多胎児は帝王切開となります。もしくは、お産の途中で緊急的に帝王切開となることもあります。

 

硬膜外麻酔や、腰椎麻酔などでの帝王切開では、お母さんの意識はしっかりとしているため、赤ちゃんの産声を聞いたり、対面することが可能です。

 

立ち会い出産

帝王切開以外の出産方法であれば、ほとんどの場合(医療機関にもよりますが)希望すれば、立ち会い出産が出来ます。

 

出産を、夫婦の共同作業ととらえ、お父さんも我が子の誕生の出産に立ち会えることから、お父さんに育児に積極的に参加してもらえるようになる、とういう効果もあるようです。

 

ただし、夫婦ふたりの意見が一致していることが大切です。

 

夫婦ふたりで、“赤ちゃんのために”どうするのがよいのか、よく話し合いましょう。出産を控えた妊婦さんは、不安が多いものです。

 

お産について学ぶことで、少しでも安心出来たリ、リラックスできる方法を見つけましょう。不安に思うことは自分の中に溜めず、病院や、経験者に聞いてみたりしましょう。

 

出産は、とても喜ばしいことなのですから。

 

参考記事

出産後の過ごし方

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top