妊娠検査薬と陽性反応

妊娠検査薬と陽性反応が出たら

生理が遅れていて「もしかしたら…」と思ったら、まずは妊娠検査薬でチェックしてみましょう。薬局やインターネットなどで安価に購入できます。

 

まずは妊娠検査薬を使ってみましょう。

使うタイミングはおおむね生理予定日から1週間後からというものが多いです。妊娠すると分泌される尿中のhCGというホルモンに反応して検査結果がわかります。採尿したコップに検査薬を浸すもの、直接尿をかけるものなどメーカーによって方法は異なります。

 

化学流産について

生理予定日1週間後よりも前に検査をしてしまうと、hCGの分泌が少なく陰性と出たり、化学流産を知ってしまうことにもなります。化学流産とは受精卵が着床前後に成長をとめてしまい、妊娠を継続できずに生理のような出血が起こることです。

 

流産という名前ですが、医学的には流産とは認められていません。着床しなくてもhCGが分泌されているので、検査薬が陽性と出てしまうのです。そもそも妊娠の定義は、赤ちゃんが育つ袋である胎のうが確認できたら初めて妊娠として認められます。

 

検査薬の精度があがり、約99%の確率で妊娠が判明するようになった反面、中には化学流産の段階の場合もあり、陽性が出たのに…と悲しむことになってしまうこともあります。

 

医学的な流産ではないとはいえ、そういった心のダメージを避けるためにも、検査薬の説明書をよく読み、定められた時期から使うようにしましょう。

 

妊娠検査薬で陽性反応が出たら

妊娠していることがわかったら、必ず病院でもう一度検査と今の妊娠の状態をチェックしてもらいましょう。正常な妊娠ではなく子宮外妊娠の場合もあります。そうなると早急に処置が必要です。なるべく早くリスクをつぶすためにも早めに受診するようにしましょう。

 

そして胎のうの確認、心拍の確認などを経て正常な妊娠と確定してもらいます。超初期はだいたい1週間おきに診察してもらうことが多いです。早く妊娠を確定させたい気持ちもよくわかりますが、焦らずに検査薬の時期を守り、それから病院で診察してもらうようにしましょう。

 

妊娠が分かったら葉酸サプリを始めてみましょう。葉酸サプリの口コミはこちら

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top