無痛分娩の流れや危険性、リスク

無痛分娩の流れや危険性、リスクなど

無痛分娩の流れ?痛みとは?

 

最近注目されている無痛分娩ですが、海外では6割以上の人が経験していると言われます。しかし、日本では痛みを経験しなければ母親にはなれないという考え方からまだまだ浸透していません。

 

無痛分娩を勘違いされている人もおり、全く痛みを感じない出産と誤解している人も沢山います。実は無痛分娩は全く痛みがないわけではありません。通常分娩の痛みを10とすると無痛分娩はその半分、4か5くらいの痛みを感じてしまいます。

 

全く無痛にしてしまうと赤ちゃんが下がっている様子や、子宮口が全開になってもいきむことができないのである程度痛みを残すやり方になります。基本的には下半身の感覚がある状態ですので、腰やお腹の痛みを和らげるためのものと考えて下さい。

 

無痛分娩の流れ

無痛分娩の流れは、まず前日に入院することになります。陣痛が来てから麻酔をするのではなく、予め出産日を決めてその前日に出産するための準備を行います。出産前日に麻酔に耐えれるかなどの血液検査を行います。

 

赤ちゃんは診察を受け母子共に問題がなければ子宮口を開くために水が入ったバルーンを子宮口に入れます。

 

無痛分娩の麻酔は背中の脊髄に近い場所へ入れる麻酔と、それよりも少し弱くてより痛みを感じてしまいますが点滴タイプの麻酔方法があります。違いは痛みの強さと、リスクの大小などになります。

 

背中に入れるタイプの麻酔は前日にカテーテルをセットして当日に備えます。無痛分娩当日はまず前日に入れたバルーンの空気が抜けて子宮から外れていることを確認します。この時に子宮口が3cmくらい開いているとスムーズに出産することができます。

 

次に陣痛促進剤を注入します。この時はまだ麻酔は入れません。痛みと共に子宮口が開いていくのですが、あまり早い段階で麻酔を入れると、痛みがないので子宮が開かないそうです。

 

そして規則的な陣痛が来て痛いと感じるようになって来たら麻酔を注入していきます。病院によって方法は違いますが、背中からカテーテルを通して入れる麻酔の場合、自分で痛みに合わせてボタンを押し麻酔を注入していきます。

 

点滴タイプの麻酔は子宮口の開き具合で注入します。あとは通常の分娩と同じように出産するだけです。無痛分娩の方が体力の消耗が少なく、体力の回復も早いそうです。

 

無痛分娩の危険性、事故、リスクは?

脊髄近くにカテーテルを入れるタイプの麻酔は麻酔量が多すぎたり、場所を間違ってしまうと脊髄を損傷してしまうのでリスクがあります。一時的に血圧が低下するなどの危険もあるのでよく説明を受けるようにしましょう。

 

これまでこの麻酔方法で麻酔量を急激に増やしたことが原因で母子共に脳に障害が出てしまった事故もあります。点滴タイプの麻酔はリスクが少ないですが、出産中にママが眠くなってしまうことや、頭痛やめまいなどの副作用が出ることがあるようです。

 

生まれてくる赤ちゃんが眠そうになっているのもこの点滴の副作用として報告されています。

 

参考記事

出生前診断とは?

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top