つわり 対処法

つわりが辛い時の対処法

一般的に妊娠初期から安定期(妊娠5〜6カ月)にかけてつわりがあります。

 

つわりと言ってもいろいろな種類があり、食べつわり、吐きつわり、臭いに敏感なつわり、全くつわりがない方などさまざまタイプがあります。ここでは、つわり別の対処法をご紹介します。

 

食べつわり

まず食べつわりですが、食事中や調理中は平気で普段と変わらない生活ができますが空腹になると胃がムカムカして吐き気が起こります。食べている最中は吐き気もなく元気なことが特徴です。

 

妊娠中は体重も気になるので常に食べてばかりもいれません。そんな時は低カロリーゼリーや、おにぎり、和菓子など少しの量を短い間隔で食べるようにしましょう。お仕事をされている時は机に一口大のおにぎりなどを入れて空いた時間にササっと食べる方法はどうでしょうか。少し口に入れただけでだいぶ吐き気も治まるはずです。

 

吐きつわり

次に吐きつわりです。つわりの中でこれが一番苦しいのではないでしょうか。何を見ても、食べても吐いてしまう。赤ちゃんに栄養を送りたい・・・でも食べれない。

 

心配しなくても大丈夫です。つわり中は気持ち悪ければ食べなくてもママから赤ちゃんへ栄養はきちんと送られているんです。赤ちゃんの栄養優先でママの体はできているのですよ。誰でもつわりの時期に終わりは来ますから頑張って下さい。

 

吐きつわりの対処法ですが、食べたいものを食べられる時に食べて下さい。食べられるものは人によって違いますが、酸味のあるもの、マリネや、葉物、レモン、みかん、ゼリー、氷など食べやすいと思います。

 

苺は葉酸もビタミンも摂取できますし、食べやすくておススメです。炭酸を飲むとスッキリする場合もありますが炭酸のジュースはカロリーも高いですし、砂糖が沢山入っているので、炭酸水など少し味のついているタイプもあるのでそちらがいいかと思われます。

 

ポテトや、カップラーメンなどジャンクフードなら食べられるという話もよく聞きますがつわりの時だけならいいと思いますが長期間は避けましょう。

 

一日中家にいてつわりを我慢しているより、少し外に出て気分転換することもいい対処法になるはずです。

 

臭いつわり

最後に臭いつわりです。妊娠中は嗅覚が敏感になるのでいろいろな臭いが気になります。食べ物の臭いや、お店の臭い、旦那さんの臭いがダメになることもあり、旦那さんが近づくととても敏感に反応していしまい吐き気を感じてしまいます。

 

マスクをしたり、コーヒーや、ハーブ、笹の臭いのするものを持ち歩いて下さい。気分が悪くなったときにスッキリできる臭いを嗅ぐと吐き気が治まります。

 

旦那さんの臭いが辛い時は正直に話すことがいいと思います。もちろんストレートに言うのではなく、つわりで少し気分が悪いなどやんわりと言いましょう。

 

つわりに終わりは必ず来ます。まれに出産するまでつわりが続く場合もありますがだいたいは安定期とともに自然に治まります。頑張ってこの時期を乗り切って下さい。

 

先輩ママがおすすめする、つわりの時に食べやすい葉酸おすすめレシピはこちら

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top