妊娠初期 食べ物

妊娠初期の必要栄養素、避けたい食べ物

妊娠中は母体も赤ちゃんもたくさんの栄養を必要とします。妊娠中から出産後の母体ケア、そして授乳、お子さんの離乳食、と、食に対して意識しなければいけない期間がこれから始まります。これを機に食生活を見直して身体を整えましょう。

 

参考記事

妊娠中におすすめしたい、葉酸たっぷり料理をご紹介!

 

妊娠中に摂ったほうがいい栄養素

妊娠中に特に摂取したほうがいい栄養素は、まずは鉄分です。赤ちゃんに胎盤を通じてたくさんの血液を送り込むので、後期は特に多くの妊婦さんが貧血と診断されます。

 

鉄分を多く含む食品は、ほうれん草やひじき、大豆製品、牛の赤身肉などがあります。ビタミンCと同時に摂取すると吸収がよくなります。葉酸は赤ちゃんの神経障害や流産のリスクを減らしてくれるので、妊娠前から摂取する事が望ましいとされています。

 

妊娠初期は特に、赤ちゃんの脳や神経組織がつくられる時期ですので、サプリメントで摂取するようにしましょう。カルシウムは出産後も母乳で吸い取られてしまうので、今の時期から摂取するくせをつけておくとよいでしょう。

 

妊娠中は1日900mg必要と言われているので、通常の1.5倍量が必要です。乳製品の他にも大豆製品やさくらえび、小魚にもたくさん含まれていますので、いろいろな食品から摂るようにしましょう。

 

タンパク質は身体をつくる上でとても大事な栄養素です。妊娠中は太りやすいので、赤身やとりのささみ肉、大豆製品などの植物性タンパク質などを摂取してカロリーオーバーにも気をつけるといいでしょう。

 

避けたい食べ物

妊娠中は生ものは食中毒の危険があるので避けましょう。甲殻類や貝類も生食はやめて火を通すようにしましょう。生肉はトキソプラズマなど寄生虫に感染する危険があるので絶対に避けましょう。

 

また生のチーズ、生ハムやスモークサーモンもリステリアという菌を保有している可能性があるのでNGです。冷たい食べ物は駄目ではありませんが、妊娠中は身体を冷やさない事を意識したいので、好んで食べるのはやめましょう。飲み物も常温のほうが好ましいです。

 

いろいろと制限があって驚いたかもしれませんが、もう一人だけの体ではありませんので、赤ちゃんのためにも自身の食生活を見直していってくださいね。

 

口コミ情報:ベルタ葉酸サプリで妊娠中を元気に過ごすことができました(40代)

葉酸サプリは、妊娠中や出産後の健康維持にとても良いサプリと言われています。私も妊娠をしたときに、少しでも元気でいたいと思って葉酸サプリを飲みました。その葉酸サプリは、ベルタ葉酸サプリです。

 

このサプリを妊娠初期から飲み始めました。妊娠初期には、つわりがひどくとても大変です。そんな時も、栄養素が詰まっているサプリのおかげで乗り越えることができました。

 

また、妊娠初期に心配な赤ちゃんの異常等を予防することが出来ると言われているので、その点でも安心感がありました。気分的に、とても穏やかに過ごすことができたと思っています。

 

また妊娠中期には、貧血があったのですが葉酸サプリを飲んでいると、ふらつきも少なく、そのこともありがたいと思っています。無事出産をすることができ、とても感謝しています。

 

出産後も、しばらく飲み続けていました。睡眠不足やなれない子育てなど、とても大変でしたがそのこともサプリを飲んで乗り越えることができたと感じます。

 

その後も妊娠をするたびに、ベルタ葉酸サプリを飲むことにしています。飲みやすいところもいいですね。癖のないので、つわりの時期も無理な飲むことができました。

 

体のだるさを予防することができたのは、最高に良かったと感じます。妊娠中は、とても体がだるいです。それは体が重くなることと、栄養素が不足することも関係していると感じます。その時、ベルタ葉酸サプリを飲んで、解消することができたと思います。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top