妊娠初期 ストレス SEX

妊娠初期の夫婦生活。ストレスやSEX

妊娠中のSEXはしても大丈夫かどうか不安になりますよね。今回はSEXしても本当に大丈夫なのかについてお伝えます。

 

妊娠中のSEXは?

基本的には妊娠中のSEXは切迫流産の危険があったり、お腹の張り、出血があったりと何か気になる症状が出ていなければしても大丈夫です。

 

妊娠中のSEXは何が問題かというと、感染症(クラミジアなど)や、子宮などの収縮で早産や破水しまうことです。

 

感染症はコンドームの使用と衛生面を注意すればある程度防ぐことができます。精子には細菌が多いので子宮内に細菌が入り早産や破水を起こしてしまうことがあるそうです。なので妊娠中は必ずコンドームを使用するようにしましょう。

 

次に注意しなければいけないことは乳房を刺激しすぎないことです。妊娠後期になると助産師さんから母乳マッサージを受けますが、マッサージを受けた後お腹が張ったりしませんか?これは乳房を刺激して子宮収縮させ脳から母乳が出るよう指示を出す練習をしています。

 

SEXの時に乳房を刺激すると子宮が収縮してしまうかもしれませんので気をつけて下さい。予定日より早く出産したい方は母乳マッサージを頑張ると早く生まれるかもしれません。それ以外は乳房を撫でる程度がいいかと思います。

 

夫婦生活の注意点は?

妊娠初期でつわり中に旦那さんにSEXを誘われた場合、断りづらいですよね。そんな時は違う方法でスキンシップをとったり、素直に体調が悪いと伝えたり、赤ちゃんのことに集中したいなどと言ってみるのはどうでしょう?奥さんがつわりで苦しんでいる中SEXを誘う旦那さんもちょっとどうかと思いますが。

 

子供が産まれる前に旦那さんの気持ちばかり尊重していると子供が産まれた時に育児で大変ななか、旦那さん優先で生活できますか?妊娠中から少しずつ夫婦で親になる気持ちの準備の練習をしておきましょう。

 

ですが完全にSEXを断ると旦那さんとの関係が上手くいかなくなる場合もあるので体調に合わせて歩み寄って下さいね。

 

男性はスキンシップを求める体質なので、奥さんから完全に拒否されるとストレスが溜まり発散する場所を失ってしまいます。いつまでも明るく楽しい家庭を築いていくためにも夫婦の歩み寄りは大切です。

 

ストレスは禁物!

最後に、夫婦喧嘩でストレスが溜まると早産や赤ちゃんの体重が低体重になってしまう場合もあります。

 

近年出産時の赤ちゃんの体重が200g程減ってきているという話を聞きました。心と体はつながっているので、妊娠中はできるだけ不安やイライラを溜めないようにしましょう。

 

イライラや不安が強い場合は医師に相談すると精神安定剤をもらえ、落ち着いた妊婦生活ができるようにサポートしてもらえます。もちろんうつ病などの診断がでなくても産婦人科で処方してもらえるので心配しないで下さい。

 

出産は夫婦生活の中で数回しかないチャンスです。妊娠中の夫婦関係で旦那さんや奥さんの見方が変わってしまうこともあります。いつまでも素敵な夫婦でいれるよう頑張って下さい。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top