妊娠 仕事

妊娠したとき、仕事どうする?

妊娠初期のころは特に、体調が日によって違って精神的にもピリピリしてしまうことの多い時期です。

 

表れる不調は人によって違いますが、下腹部痛や倦怠感、眠気、つわりも早々に始まる人もいます。体が赤ちゃんを守る準備を始めていると思っておおらかにとらえて、あまり神経質にならないようにしたいものですね。

 

ここでは会社への報告や仕事をどうすればいいかについてお伝えします。

 

会社への妊娠報告

妊娠がわかったら、まずは直属の上司に報告するようにしましょう。その際に、まだ初期であること、今の体調で不安な事、今後の仕事の引き継ぎや分担についてなどを話せるといいでしょう。

 

それと上司の方は、あなたが産休・育休をとって仕事を続けるのか、それともこれを機に辞めるつもりなのかを気にするでしょう。続けるかどうかの意思表示や、会社の産休制度の確認なども忘れずに行っておきましょう。

 

有休も含めていつごろから休むのか、妊娠中で避けたい仕事がもしあればそういうことも希望を伝えておくとよいでしょう。

 

体調によっては、上司だけでなく同じチームの人など周りの方にも早めにご報告したほうがいい場合もあります。体調が優れず休みがちになってしまうことも充分考えられますので、様子をみて皆さんに報告するようにしましょう。

 

仕事はどうすればいい?

妊娠は素敵なことですが特別な立場になれるわけではありません。妊婦だから休んでも仕方がない、とは思わずに、できるだけ周りの方に負担をかけないように、どうしたらうまく仕事ができるかを自発的に考えて提案することも大切です。

 

例えば通勤電車の混雑で気分が悪くなるようなら、時差出勤をさせてもらえるか聞いてみたり、つわりで仕事中に少し休みたい場合はお昼休みを返上させてもらったり、自分で努力できることはたくさんあります。

 

これから産休・育休を考えているならばなおさら、周りの方との連携や関係性は大事にするべきことです。

 

自分の体調の管理

不思議な事に、仕事をしているときは気が紛れてつわりが軽い、とか、気分もなんとなく楽、ということもよくあります。ですが無理は禁物です。疲れたときは自分に正直に休息をとることも大切です。

 

妊娠中の体調は本人にしかわかりません。特に男性には女性特有のことですからなおさら理解しづらいことです。辛い時は無理をして隠さずに、少し力を貸してもらえるように頼んでみる練習を徐々にしていきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top