着床出血はいつ来るか、出血の量や痛み

着床出血はいつ来るか、出血の量や痛み

妊娠をすると、つわりなど様々な症状が現れますよね。一番わかりやすいのは、妊娠すると生理が止まること。予定日になっても生理にならず、妊娠に気づくケースが多いのではないでしょうか?

 

妊娠した時に起こる症状はたくさんありますが、その中の1つに着床出血があります。着床出血について知らない方もいらっしゃると思いますので、詳しくご説明していきます。

 

着床出血とは

卵子と精子が受精し、子宮内膜に受精卵が着床した際に起こる出血のことです。着床出血についての詳細について説明します。

 

着床出血の時期・期間

着床出血は、生理予定日の1週間前から数日前と、生理の始まる時期に近いため、生理の出血と間違える方もいらっしゃいます。

 

また、期間は短い方で1日、長い方は1週間ほど出血する方もいるので、生理の出血なのか着床出血なのか、見分けが難しいかもしれません。

 

着床出血の色

色に関しては、着床出血の期間同様個人差があり、薄茶色の方もいれば、薄ピンクの方もいます。個人差はありますが、薄茶色のおりもの状の方が多くみられます。

 

着床出血の量

着床出血の量は、ほとんどの方がほんの少しの量だと思います。量が少ないことが、生理の出血と見分けるポイントの一つかもしれません。

 

着床出血の痛み

着床出血の痛みは、チクチクとするような痛みが特徴です。

 

生理痛のようなズーンと重い感じの痛みとは違うので、子宮のあたりでチクチクとした痛みを感じたら、着床出血の可能性があります。

 

生理出血と着床出血の見分け方

着床出血は、生理と時期が近く期間も生理のように1週間ほど続くかもいるため、見た目での見分けは難しいです。

 

一番はっきりと見分けをつけられる方法は、基礎体温です。一般的に基礎体温は、約2週間低温期があり、排卵日に更に体温が一気に下がります。

 

排卵日の翌日から約2週間高温期に入ります。2週間の高温期が終わると通常低温期に入り生理になるのですが、妊娠していると、低温期に入らず生理もきません。

 

基礎体温をつけていて、高温期が続くようでしたら、妊娠している可能性があります。もし着床出血のような出血があっても、基礎体温が低温期に入っていれば、妊娠はしていません。

 

着床出血のまとめ

着床出血は生理の出血と似ているので、妊娠を望んでいる方はもちろん、そうでない方も毎日基礎体温をつけることをおすすめします。

 

毎日一定の時間に計る習慣をつけておくといいですよ。記録をグラフに付けるのが面倒な方は、記録を付けてくれる基礎体温計もありますので、そちらを試してみてください。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top