妊娠 市販薬服用

便秘、風邪、胃薬、頭痛薬・・・飲んでも大丈夫?市販薬の服用について

妊娠中に薬を飲んではいけないとよく聞きますが、市販薬を飲みたい時もありますよね。薬の服用について注意すべきことをまとめました。

 

基本的には問題ない市販薬が多いです

薬局やドラッグストアで手に入る風邪薬、頭痛薬、漢方薬、胃腸薬などで胎児に影響を起こす心配がある薬はまずないといっていいでしょう。しかしながら薬のメーカーは使用説明書に「妊娠中の服用は禁止」と書いて妊婦の使用を避けてもらうように記載しているものが多いです。

 

これは妊娠中に何かあった場合、服薬した事が影響したのでは?と思われないための防御策でもあります。

 

そしてこの記述がない場合でも、例えばドラッグストアで「妊娠中ですがこの薬を飲んでも大丈夫ですか?」と薬剤師に質問した場合、「箱には特に注意書きはないですが、もし飲む場合はかかりつけの産婦人科医に確認をとってください」と回答されるでしょう。

 

あなたの体調や今の妊娠の状態を把握している医師から処方されたものでないので、どんな影響があるかわからないためです。妊娠中はいつもなら平気な薬でも気分が悪くなってしまうこともあるかもしれないので、できれば医師に相談のうえ処方してもらうほうが安心です。

 

それでも急な体調不良のとき

まずはその場をしのぐために、市販薬に頼るのも1つの方法です。その場合もドラッグストアで念のため確認をしたほうが無難です。そのあとはなるべく産婦人科や各専門医を受診し、適切に処置・処方をしてもらいましょう。

 

持病がある人は要注意

持病があり薬を常用している人は、産婦人科医にあらかじめ相談して今後どのように対応していくかを各専門の医師と相談してみてください。病気や症状が重く生活に差し障る場合は薬を飲んで症状を抑えることも大事です。

 

例えば花粉症などもあまりにも症状がひどいのに薬を飲まないで辛い思いをする場合、薬のリスクよりも治療のメリットが上回ると判断されて薬を処方されることもあります。

 

その場合は必ず医師の指導のもと適切に服薬して、定期的な受診を忘れないようにしましょう。自己判断は禁物です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top