妊娠中の飲み物

妊娠初期の飲み物の注意点。冷たい飲み物、カフェインはOK?

妊娠・授乳中はコーヒーなどのカフェインの多く含まれた飲料はNGとよく聞きますよね。日常的にコーヒーやお茶を飲む習慣のある方にとってはこの時期は少し辛いですが他の飲み物に切り替えましょう。

 

カフェインの作用には、眠気や疲労の除去、血管の拡張、胃酸分泌の促進に利尿作用などがあり、大量に摂取すると不眠や興奮、頻脈などが起こることもあります。

 

またカフェインは、妊娠にまつわる時期には摂取しないほうが良いといわれています。なぜカフェインがよくないのでしょうか?

 

妊活中のカフェイン摂取

海外での統計で、カフェインの摂取の有無を比較したところ、カフェインを摂取している場合では、妊娠率が下がること・妊娠に至るまでの期間が長いという報告があります。

 

妊娠中のカフェイン摂取による影響

妊娠中にカフェインを摂取することで、以下の影響が考えられます。

 

カルシウム・鉄分の吸収を妨げる

カフェインには妊娠中に必要不可欠なカルシウム・鉄分を尿として排出してしまう作用があります。

 

胎児への負担が大きい

胎盤を通してカフェインが胎児へと伝わってしまいます。しかし胎児はカフェインを代謝することが出来ないので有害となってしまいます。

 

胎児へ十分な栄養・酸素を送れなくなる

カフェインが胎盤への血流の減少を起こし、その結果必要な栄養素や酸素が送られなくなってしまいます。

 

授乳中のカフェイン摂取による赤ちゃんへの影響

・夜泣きする
・情緒不安定になる

 

カフェインは眠気をとる作用があることから、母乳を通してカフェインが摂取されることにより、赤ちゃんの脳を刺激し興奮して落ち着きがなくなる傾向があります。

 

問題のないカフェインの摂取量の目安は?

様々な食品に含まれているカフェインですが、その含有量の目安は次の通りです。カフェインの入った飲み物はコーヒーの他に紅茶、緑茶、ウーロン茶などがあります。

 

カフェイン含有量の目安>(1杯=150ml)

  • ドリップコーヒー1杯:100mg
  • インスタントコーヒー1杯:65mg
  • エスプレッソコーヒー(40ml)1杯:77mg
  • 紅茶1杯:30mg
  • 緑茶1杯:30mg
  • ウーロン茶1杯:30mg
  • 抹茶1杯:45mg
  • 玉露1杯:180mg
  • 麦茶1杯:0mg
  • ホットココア1杯:50mg
  • コーラ1杯:34mg
  • 板チョコレート50g:20mg

カフェインは取らずにいられるのであれば、その方が良いのですが、珈琲党・紅茶党などの人が制限するのはつらいものです。

 

我慢するあまりにストレスを抱えてしまうのもよくありません。悪影響を及ぼすのは過剰摂取した場合です。

 

分量を守れば、妊娠期であっても摂取可能のようで、カフェインは1日に200mgまでであれば摂取してもよいとされています。この範囲内であれば、珈琲・紅茶等を楽しんでもよいでしょう。

 

最近はコーヒーもお茶類もノンカフェインのものが簡単に購入できますので、習慣的に飲む方はディカフェのものを探してみましょう。意外にカフェインレスの飲料なども多くありますので、それらを上手く活用して、妊活〜授乳期を楽しみましょう。

 

お茶類はどう?

またお茶類にはタンニンという鉄分を壊す要素も入っていますので、貧血になりやすい妊娠中は、食事の前後30分はお茶類を飲まないほうがいいとも言われています。

 

徹底するのはなかなか難しいことなので、毎日そうならないように少し気をつける、程度の心持ちでいいと思います。

 

冷たい飲み物は控える

妊娠中はとにかく身体を冷やさないようにと、産婦人科の先生によっては厳しく指導する方もいらっしゃいます。夏でもレギンス・靴下を履きなさいと言われることもあります。そのため冷たい飲み物についてもなるべく避けるべきという考えもあります。

 

現代人は思いのほか身体が冷えていて、特に下半身はさわるといつも冷たいという方もいるのではないでしょうか。とにかく血行を良くして赤ちゃんに栄養を渡らせることが重要なので、冷たい飲み物はなるべく我慢して、常温か温かい飲み物をとるようにしましょう。

 

適度に自己管理を

しかしながらカフェイン・冷たい飲み物を我慢してストレスがたまるようでは本末転倒です。適度に自分を甘やかして、おいしい飲み物を見つけながら乗り切りましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top