妊娠初期 体の変化

妊娠初期に良くある体の変化とつわり

妊娠すると多くの妊婦さんが経験するのが「つわり」です。これから経験される方も、現在つわりで辛い方も不安があると思います。そこで、つわりの時期と症状についてまとめてみました。

 

つわりの始まる時期

だいたい妊娠5週目〜と言われており、安定期に入る16週頃までとされています。中にはもっと早くからつわりの症状が出る人や、16週以降も症状が治まらない方、全くつわりが無かったというケースもありますので、あくまで目安として参考にしてください。

 

妊娠16週は胎盤が完成する時期とも言われており、ホルモンバランスが安定してくる時期とされています。つわりはホルモンバランスが崩れることが原因などとされていますが、未だにはっきりした原因は分かっていません。

 

つわりの症状は主に以下の5つのタイプがあります。

 

吐きつわり

食べると吐き気や嘔吐を催してしまうタイプのつわりです。最も多くの妊婦さんが悩まされる症状のひとつです。吐きつわりでは、脱水症状に注意する必要があり、食べられなくても水分だけは十分に摂取するようにして下さい。

 

食べづわり

吐きつわりとは逆に、空腹になると気持ち悪くなるものです。常に何かを口にしていないと気持ち悪くなるという方もいらっしゃるようで、食べ過ぎや、体重管理に注意しなければしけないタイプです。

 

匂いつわり

匂いによって吐き気や嘔吐を催してしまうタイプのつわりです。妊娠初期は特ににおいに敏感になりやすい時期です。お米の炊ける匂いや、生ごみの匂い、人の体臭にまで敏感になってしまう方もいます。

 

眠りつわり

眠くなることもつわりなの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、妊娠前に比べて疲れやすくなったり、ものすごい眠気が襲ってくるタイプのつわりです。昼間に寝てしまい、夜眠れなくなってしまったりと生活のリズムが崩れてしまう方もいます。

 

よだれつわり

あまり知られていませんが、よだれつわりと言って唾液が過剰に分泌されるものです。唾液の量が増えるだけでなく、妊娠初期の味覚の変化などによって唾液の味が気持ち悪く感じてしまい、吐き気をもよおしてしまいます。

 

つわりの症状は人それぞれです。紹介した症状はあくまでも主なもので、感じる症状の重い・軽いも個人差があります。

 

他の人と比べすぎたり、ひとりで悩んで抱え込んだりせず、不安に感じたことは病院に相談したり、周りの人に話を聞いてもらうなどして少しでも不安を和らげましょう。

 

関連記事

つわりが辛い時のおすすめ対処法
葉酸とつわりを軽くする方法

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top