腹帯はいつから?必要性と巻き方

腹帯はいつから?必要性と巻き方

妊娠中の腹帯(妊婦帯)。昔から日本では妊娠5ヶ月目に入ってから最初の戌の日に、腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習があります。

 

今でも、なんとなく「巻かなくてはいけないもの」と思って巻いている妊婦さんが多いのではないでしょうか?今回は腹帯の必要性や始める時期などについて詳しく解説したいと思います。

 

腹帯の必要性

腹帯には、

  • 重たくなったお腹を固定して支える
  • 冷えから守る
  • 安産祈願

などの意味で、必要性があると考えられています。

 

しかし、医学的に腹帯を巻く意味はないとも言われているので、夏の暑い時期や巻くことでストレスを感じてしまう場合などは無理に巻かなくても問題はないでしょう。

 

腹帯はいつから巻いたら良い?巻き方は?

一般的には妊娠5ヶ月目に入ったあたりから巻き始めます。

 

巻き方は、

  1. 布地を横半分に折り「わ」を上にして、下腹部から巻き始めます。
  2. お腹の丸みに沿って前で布をねじりながら、下→上にお腹を持ち上げるように巻きつけていきます。
  3. 端まで巻いたら帯の先端を三角に折って上部に挟み込んだら出来上がり。

しっかり支えようとお腹の上まで締め付けすぎると、妊娠中毒症にかかりやすくなる可能性があるので注意しましょう。

 

妊娠中、締めるのはお腹ではなくて骨盤です!巻く時は力を入れすぎないようにしておへそより上は絶対に締め付けないよう注意して巻いてくださいね。

 

おすすめの腹帯

さらし布タイプでオススメなのは「犬印本舗 妊婦帯 岩田帯タイプ いわた」です。縁起の良い鶴亀犬と「壽」の文字がプリントされており、安産祈願にも最適。価格も1000円程度とリーズナブルですよ。

 

また、毎回巻くのはちょっと大変・・・という方は、腹巻タイプやガードルタイプ、サポートベルトタイプなど様々な種類があるので、妊娠時期や使い心地の好みで選んでみても良いでしょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top