妊娠初期 相談

妊娠初期

妊娠初期、特に初めての妊娠ですと分からない事や不安な事がいっぱいですよね。そこで妊娠初期に役立つ情報をまとめました。

  • 通う病院、産婦人科の選び方
  • つわり対処法(つわりはいつまで続く?つわりを楽にする方法はあるの?など。)
  • 切迫流産と流産について
  • 食事の注意点(摂った方が良い栄養素、避けたい食べ物など。冷たい物は大丈夫?生もの、甲殻類は?など。)
  • 飲み物の注意点(冷たい飲み物、カフェインは?)
  • 妊娠初期の心の変化(イライラ、不安定、喜び・・・)
  • 35歳以上の妊娠(高年初産婦)で注意したいこと
  • 妊娠初期の動作(運動は平気?旅行しても 大丈夫? )
  • 夫婦生活(夫婦喧嘩でストレスを溜めない。SEXしてもOK?)
  • アルコールやたばこについて
  • 仕事はどうすればいい?(快適に働くためにすべきことや産休への対応とか)
  • 美容エステ、痩身エステ、脱毛エステなどに通っても平気?
  • 母子手帳(いつもらうの?なぜ必要なの?)
  • マタニティ下着に必要性について
  • 妊娠・出産にかかるお金って、何にどれくらい?
  • 妊娠検査薬と陽性反応が出た後にすべきこと(使うタイミングや判定方法など)
  • 市販薬の服用について(便秘、風邪、胃薬、頭痛薬・・・飲んでも大丈夫?)
  • お腹のあかちゃんの成長を助ける「葉酸」とつわりを軽くするとされる「ビタミンB6」が含まれる食材
  • 妻が妊娠した時の夫の対処法(洗濯、掃除を引き受ける。妊娠中の妻に言ってはいけない事など)

2人目、3人目の妊娠ですと知っている事や経験済みの事も多いと思いますが、改めて確認しておきたい項目がありましたら一度目を通しておいてみてください。

 

妊娠初期の体調や過ごし方は出産経験のある友人や身内に聞いてみるのも良いですが、専門的な内容は産婦人科の先生にアドバイスを求めてみましょう。

 

また、体調の変化を感じた時はちゅうちょせず、すぐに医師に相談した方が賢明です。

 

関連記事

妊娠前後に知っておきたい用語集

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

<妊娠初期>妊娠の疑問や不安相談室:葉酸サプリ100人の口コミ!記事一覧

妊娠したかも!と思ったら、まずしなくてはいけないのが産院探し。妊娠で体調も落ち着かないことが多いかもしれませんが、できることから順番に出産への準備を進めていきましょう。まずはこれから通うことになる病院の選び方について検討していきましょう。妊婦検診これから出産までの間、妊婦検診で病院に10回以上通うことになります。初期・中期は月に1回程度ですが、35週ころになると、いつ産まれてもいい状況になるので、...

知っていそうであまりよく知らない、母子手帳について解説します。母子手帳はいつもらうの?妊娠がわかり、医療機関などで確定の診断がもらえたら、役所に行って母子手帳を発行してもらいましょう。病院からそろそろ母子手帳をもらってきてください、と言われると思いますが、おおむね妊娠10週前後にもらいにいくのがいいでしょう。申請に際して特に特別な書類は必要なく、申込書を役所で記入するだけで大丈夫です。母子手帳をも...

妊娠前にエステに通っていた場合、妊娠がわかったあとも引き続き通っていいのかどうか悩みますよね。赤ちゃんへの影響がある場合もありますので、通っているサロンに妊娠中でも可能かどうか確認をとりましょう。最近は妊娠中の身体にあわせてメニューを調整してくれるサロンもあるようです。ここでは一般的なエステの対応について紹介します。美容エステボディエステについては、おなかはもちろん施術を避けましょう。顔については...

妊娠中は、おなかが少しふくらんだ頃にはマタニティ下着につけかえましょう。普段つけている下着は締め付けがきつく、妊娠時にはあまり向いていません。マタニティ下着なんて本当に必要なのかな?と思いがちですが、最近のものは機能的にできていますので、まずは1着購入して試してみましょう。マタニティブラジャー妊娠3ヶ月目くらいになると、胸もふくらんできて、いつもの下着がきつくなってくることがあります。普段のブラジ...

妊娠初期のころは特に、体調が日によって違って精神的にもピリピリしてしまうことの多い時期です。表れる不調は人によって違いますが、下腹部痛や倦怠感、眠気、つわりも早々に始まる人もいます。体が赤ちゃんを守る準備を始めていると思っておおらかにとらえて、あまり神経質にならないようにしたいものですね。ここでは会社への報告や仕事をどうすればいいかについてお伝えします。会社への妊娠報告妊娠がわかったら、まずは直属...

おなかに赤ちゃんがやってきたなら、妊娠中のたばこやアルコールの摂取について、きちんと理解しておきたいですね。妊娠中のたばこは禁忌妊婦自身の禁煙はもちろんですが、周りの人にもそばで喫煙をしないようにお願いしましょう。受動喫煙でも同じように影響があります。タバコのニコチンは血管を収縮させるので切迫早産、前期破水、胎盤早期剥離などを起こしやすくします。また胎児の発育が悪くなります。妊娠中の時期はもちろん...

妊娠・授乳中はコーヒーなどのカフェインの多く含まれた飲料はNGとよく聞きますよね。日常的にコーヒーやお茶を飲む習慣のある方にとってはこの時期は少し辛いですが他の飲み物に切り替えましょう。カフェインの作用には、眠気や疲労の除去、血管の拡張、胃酸分泌の促進に利尿作用などがあり、大量に摂取すると不眠や興奮、頻脈などが起こることもあります。またカフェインは、妊娠にまつわる時期には摂取しないほうが良いといわ...

妊娠中に薬を飲んではいけないとよく聞きますが、市販薬を飲みたい時もありますよね。薬の服用について注意すべきことをまとめました。基本的には問題ない市販薬が多いです薬局やドラッグストアで手に入る風邪薬、頭痛薬、漢方薬、胃腸薬などで胎児に影響を起こす心配がある薬はまずないといっていいでしょう。しかしながら薬のメーカーは使用説明書に「妊娠中の服用は禁止」と書いて妊婦の使用を避けてもらうように記載しているも...

女性は妊娠すると様々な変化が起こります。お腹が大きくなる、胸が張るといった体型の変化はもちろん、吐き気がする、食欲減退など体調の変化、そしてイライラするといった精神面でも変化があらわれます。妊娠初期は初めての妊娠で嬉しい気持ちになったのもつかの間、下腹部がずっしり重く感じたり、眠気やつわりに襲われたりと、とにかく毎日いろいろな症状に見舞われてしまう時期です。身体の不調と同時に、精神的な変化もとても...

生理が遅れていて「もしかしたら…」と思ったら、まずは妊娠検査薬でチェックしてみましょう。薬局やインターネットなどで安価に購入できます。まずは妊娠検査薬を使ってみましょう。使うタイミングはおおむね生理予定日から1週間後からというものが多いです。妊娠すると分泌される尿中のhCGというホルモンに反応して検査結果がわかります。採尿したコップに検査薬を浸すもの、直接尿をかけるものなどメーカーによって方法は異...

一般的に妊娠初期から安定期(妊娠5〜6カ月)にかけてつわりがあります。つわりと言ってもいろいろな種類があり、食べつわり、吐きつわり、臭いに敏感なつわり、全くつわりがない方などさまざまタイプがあります。ここでは、つわり別の対処法をご紹介します。食べつわりまず食べつわりですが、食事中や調理中は平気で普段と変わらない生活ができますが空腹になると胃がムカムカして吐き気が起こります。食べている最中は吐き気も...

葉酸は妊娠前からの葉酸摂取が推奨されています。葉酸とは、野菜や豆類、くだものなどに含まれるビタミンBで、血液を作るのに必要なビタミンです。妊娠中は通常時の倍以上の摂取が目標とされていて、妊娠を考えている女性は妊娠前と初期には特に葉酸の摂取が推奨されています。葉酸の効果葉酸は、赤ちゃんの神経や脳の発達に有効に働くうえに、神経系の先天性の異常の発生率を減らしてくれることもわかっています。妊娠7週目ころ...

切迫早産と流産の違いと、その対処法について説明します。流産について流産の原因はいろいろあり、妊娠初期の流産の場合多くは赤ちゃんの染色体異常で赤ちゃんに何らかの異常がある場合、妊娠12週までに流産してしまいます。妊娠後期に流産してしまう場合はお母さんに問題がある場合が多いと思われがちですが、夫婦のどちらが悪いということは全くありません。切迫流産について流産手前でまだ赤ちゃんの心拍がある状態をいいます...

一般的な高齢出産は初産で35歳以上、二人目以降を40歳以上と決まっています。20代などの若い時に出産するのと35歳以上では妊娠中のリスク(妊娠中毒症、高血圧、高血糖など)を引き起こす確率が高く、赤ちゃんの障害がある確率も高くなると言われています。今回は一般的な注意事項ではなく病院では聞けないようなことについてご説明します。35歳以上の病院選びクリニックで出産希望する場合、だいたい38歳以上の初産の...

妊娠中の苦労や辛さは経験者にしかわからないもので、男性がどんなに変わってあげたいと思っても妊婦になることは出来ません。ここでは妊娠中の奥さんへどんなことをしたら快適な妊婦生活が送れるかをお伝えしますので、対応方法の参考にしてください。理解してあげたい妊娠初期の特徴妊娠初期はつわりもありなかなか思うに動けなくなります。男性から見れば寝てばかりいてゴロゴロしているように見えるかもしれませんが、妊娠する...

妊娠中は母体も赤ちゃんもたくさんの栄養を必要とします。妊娠中から出産後の母体ケア、そして授乳、お子さんの離乳食、と、食に対して意識しなければいけない期間がこれから始まります。これを機に食生活を見直して身体を整えましょう。参考記事妊娠中におすすめしたい、葉酸たっぷり料理をご紹介!妊娠中に摂ったほうがいい栄養素妊娠中に特に摂取したほうがいい栄養素は、まずは鉄分です。赤ちゃんに胎盤を通じてたくさんの血液...

妊娠すると多くの妊婦さんが経験するのが「つわり」です。これから経験される方も、現在つわりで辛い方も不安があると思います。そこで、つわりの時期と症状についてまとめてみました。つわりの始まる時期だいたい妊娠5週目〜と言われており、安定期に入る16週頃までとされています。中にはもっと早くからつわりの症状が出る人や、16週以降も症状が治まらない方、全くつわりが無かったというケースもありますので、あくまで目...

妊娠がわかったら、自分の行動範囲を見直さなければなりません。アクティブ波の女性にはつらいことですが、運動や旅行についても例外ではありません。妊娠初期の運動は?まず、妊娠初期とは4週〜15週までの事を言います。まだ妊娠に気づいていない人も多いですが、だいたいの人は妊娠に気づいたばかりの頃です。妊娠に気づいてなくて激しいスポーツをしてしまったりと反省している人も多いですよね。妊娠超初期は着床する前なの...

妊娠中のSEXはしても大丈夫かどうか不安になりますよね。今回はSEXしても本当に大丈夫なのかについてお伝えます。妊娠中のSEXは?基本的には妊娠中のSEXは切迫流産の危険があったり、お腹の張り、出血があったりと何か気になる症状が出ていなければしても大丈夫です。妊娠中のSEXは何が問題かというと、感染症(クラミジアなど)や、子宮などの収縮で早産や破水しまうことです。感染症はコンドームの使用と衛生面を...

赤ちゃんが産まれる嬉しさの反面、妊娠、出産にかかる費用がどのくらいなのか気になるのではないでしょうか。まず一番最初に伝えておきたいことは、一般的に妊娠出産は病気ではないので健康保険が使えないことです。例外で使える場合もありますが、通常は使えないと考えてください。健康保険が使えないと高額になるのではと心配になるかも知れませんが、助成や給付金があるので安心してください。妊婦検診の助成について胎嚢と胎児...

正中線とは個人差がありますが、妊娠5カ月頃から少しずつお腹に現れ始め、妊娠後期になると線が更に濃くなります。始めは跡のような筋や線が見えてきますが、妊娠後期になると正中線は太くなり、色も濃い茶色になっていきます。この線は出産後もしばらくはあり、産後半年から1年で薄くなり気が付いたら自然に消えていることが多いです。特にケアをしていなくても時間がたてば消えています。正中線専用ケアクリーム メイドバイマ...

胎教の効果とは?胎教はお腹の赤ちゃんへ話しかけたり、音楽を聞かせたりすることで脳の刺激をすることが目的です。赤ちゃんは妊娠5カ月くらいから外の音が聞こえるようになっていきます。5ヶ月頃はまだ聴覚は完全には出来上がっていないので、はっきりと音を聞き取ることは難しいそうですが、何か音がしていることは分かるようです。妊娠7カ月になると聴覚はほぼ出来上がり、しっかりと音を聞くことができます。胎教をすること...

妊娠初期の運動は大丈夫なのか?妊娠初期の流産は染色体の異常が原因ですので運動をして流産することはあまりないと言われています。妊娠12週以降で、体に何か問題がなければ適度な運動をしても大丈夫でしょう。運動をすることで妊娠中に体力をつけておくと、出産に体力を消耗しても最後まで頑張ることができますし、沢山運動することで血行が促進されむくみや、体のつりなども解消することができます。ただし、相手と体がぶつか...

妊娠中の腹帯(妊婦帯)。昔から日本では妊娠5ヶ月目に入ってから最初の戌の日に、腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習があります。今でも、なんとなく「巻かなくてはいけないもの」と思って巻いている妊婦さんが多いのではないでしょうか?今回は腹帯の必要性や始める時期などについて詳しく解説したいと思います。腹帯の必要性腹帯には、重たくなったお腹を固定して支える冷えから守る安産祈願などの意味で、必要性があると...

妊娠をすると、つわりなど様々な症状が現れますよね。一番わかりやすいのは、妊娠すると生理が止まること。予定日になっても生理にならず、妊娠に気づくケースが多いのではないでしょうか?妊娠した時に起こる症状はたくさんありますが、その中の1つに着床出血があります。着床出血について知らない方もいらっしゃると思いますので、詳しくご説明していきます。着床出血とは卵子と精子が受精し、子宮内膜に受精卵が着床した際に起...

妊娠すると、出産方法について考えるお母さんは多いと思います。現在は、さまざまなスタイルでの出産が選択できるということも悩みを深くしている原因かも知れません。ほとんどの場合、出産は何度も経験できることでは無いですので、自分にとってよい方法を選びたいと思うのは自然なことです。では、どのような出産方法があるのかご紹介します。自然分娩自然分娩とは、医療処置をしない経腟分娩のことです。ここで言う医療処置とは...

無痛分娩の流れ?痛みとは?最近注目されている無痛分娩ですが、海外では6割以上の人が経験していると言われます。しかし、日本では痛みを経験しなければ母親にはなれないという考え方からまだまだ浸透していません。無痛分娩を勘違いされている人もおり、全く痛みを感じない出産と誤解している人も沢山います。実は無痛分娩は全く痛みがないわけではありません。通常分娩の痛みを10とすると無痛分娩はその半分、4か5くらいの...

トキソプラズマとは?トキソプラズマはあまり聞きなれない感染症かもしれませんが、鶏やヤギ、豚、ネズミ、猫などの体内に生息している寄生虫です。大きさはとても小さく1mm以下ですが、卵の状態だと1〜5日間ほど生息できる力を持っているため感染力が高いです。感染経路は、口からトキソプラズマが体内に入り、体内で生息することで症状が出ます。特にペットでネコを飼っている人はネコの糞にトキソプラズマが混ざっているこ...

妊娠すると妊婦さんには様々な身体の変化・症状が現れますよね。その症状が妊娠していることを知るきっかけになります。妊娠してどれくらいたっているかによって、その症状は様々です。妊娠0週目から4週目までに起こる、妊娠超初期症状についてご紹介します。妊娠超初期のおりもの・出血先ずは、妊娠超初期に見られるおりものや出血についてチェックしてみましょう。おりもの通常おりものは排卵後から生理が始まるまでの間減少し...

page top