小松菜とカブのゴマ和え

葉酸料理:梅でスッキリ!小松菜とカブのゴマ和え

ご紹介するのは梅でスッキリ!小松菜とカブのゴマ和え。つわりになるとアッサリしたものが食べたくなります。体調が悪いときでも梅干しの酸味のおかげでペロっと食べられますよ!

 

小松菜には豊富な葉酸と鉄分が含まれています。カブに含まれているアミラーゼは消化を助けてくれるので胃もたれしがちな妊婦さんに最適ですよ。

 

すりゴマで和えるので香ばしさもプラスされて美味しいです。

 

材料(2人分)
  • 小松菜 1把
  • カブ 1個
  • 塩 一つまみ
  • 梅干し 1個
  • めんつゆ 小さじ2
  • すりゴマ 大さじ1

 

作り方

1、水に塩一つまみ入れて沸騰させます。
小松菜はざく切り、カブは薄切りにして加えて2〜3分茹でます。

 

 

2、ざるにあけて少し冷まします。

 

 

3、小松菜とカブの水気を軽く絞ってボウルに入れます。

 

 

4、ボウルに刻んだ梅干しとめんつゆを入れて混ぜます。

 

 

5、ボウルにすりゴマを入れて混ぜます。

 

 

6、お皿に盛りつけて完成です!

 

 

コツ、ポイント

小松菜とカブを茹でるときに塩を一つまみ入れるのは、小松菜の緑の色を綺麗に出すためです。

 

小松菜とカブを一緒に茹でるので、茹で時間を一緒にするためにカブを薄く切ります。カブの代わりに大根を使っても同様に作れます。

 

梅干しの塩分が気になる時は薄い塩水につけて塩分を抜くか、減塩の梅干しを使ってください。

 

このレシピの生い立ち

自分がつわりで大変な時に、食べやすくて栄養がたっぷりなおかずを考えて作りました!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top