アボカドディップ

しっかり葉酸!アボカドディップ

森のバターと言われるほど濃厚で栄養たっぷりのアボカド。妊婦さんに大切な葉酸もしっかり含まれています。

 

混ぜるだけで簡単に作れて、手軽に少しずつ食べられるディップにするのがオススメ。クラッカーやパンなどお好きなものと一緒にどうぞ!

 

材料
  • アボカド1個
  • トマト 1/2個
  • クリームチーズ 30グラム
  • レモン果汁 大さじ1
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々

 

作り方

1. 皮をむいたアボカドとレモン果汁をボウルに入れ、フォークや苺スプーンなどでアボカドをよく潰す。
アボカドの皮の簡単なむき方

  1. アボカドを手に持ち縦に種にあたるまでぐるりと包丁を入れ、ひねって半分に分ける。
  2. 種に包丁の角を軽く刺し少しひねって種をとる。種を取ったものを1/4にカットする。
  3. 皮を手でむく。

 

2. 1にクリームチーズを入れて、また潰しながら混ぜる。

 

3. トマトを小さく切って2のボウルに入れ、軽く混ぜる。

 

4. 3にマヨネーズを入れて混ぜる。

 

5. 塩コショウで味を調整して出来上がり。

 

コメント

アボカドは触って少し柔らかめの熟したものを選ぶと潰しやすいです。玉ねぎの匂いが問題なければ、みじん切りにして加えても美味しいディップになります。

 

私はつわりの一番つらい時期にフルーツ以外で一番食べやすかったのが実はクラッカーでした。匂いがほとんどないこと、塩味。これが食べやすさのポイントですが、赤ちゃんのためには栄養も気になるものですよね。

 

アボカドディップで栄養をプラスしながら、つらい時期を乗り切ってください。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top