葉酸サプリ 危険性

葉酸サプリに危険性はあるの?

葉酸が母体とお腹の赤ちゃんの健康によいと知ると、せっせとたくさん摂ろうとしてしまう人も中にはいるでしょう。ですが、葉酸を多く摂取することの危険性についても知っておくべきです。

 

良かれと思ってしたことが後になって後悔の元となってしまうことのないよう、正しい知識を身につけましょう。葉酸サプリの危険性について説明します。

 

葉酸の過剰摂取が副作用をまねく?

葉酸を食品から摂取した場合、尿などで排出されるため、大量に摂ったとしても体に蓄積して副作用をおこすことはないと考えられています。

 

ですが、葉酸サプリは食品よりも吸収がよいため、過剰に摂取すると副作用の危険性が無いとは言い切れません。

 

副作用の症状は、吐き気やむくみ、不眠症、食欲不振、呼吸障害、かゆみ、紅斑、亜鉛の吸収率低下と言われています。赤ちゃんへの影響では、喘息のリスクが指摘されています。

 

ただ、決められた量の何倍も葉酸サプリを飲むことは通常考えられませんから、あくまでも想定を超えるほど過剰摂取した場合です。

 

決められた服用量を守ろう

厚生労働省の推奨では、一日に食事以外で400μgをサプリメントで摂取することを目標としています。どのくらいで過剰摂取になるのかというと、1000μg以上とされています。1000μg以上の摂取を続けるような生活していた場合、副作用の危険性があると言われています。

 

そこで気になるのが、食事からも葉酸をとっているのにサプリで400μgも摂取して大丈夫なのか、という点です。

 

過剰摂取になるのではないかと不安に思うかもしれませんが、食べ物に含まれている葉酸は熱や水に弱く、調理の段階で失われてしまうため、葉酸サプリの摂取で1000μg以上になることは考えにくいです。

 

逆に葉酸サプリは飲む用量を少し間違えただけでも1000μg以上になってしまう危険性があります。ですので必ず1日の容量を守って間違いなく摂取することが大切です。

 

葉酸サプリの危険性をお伝えすると不安に思う方も出てくると思いますが、「適量」であれば何の問題もありませんし、厚生労働省が葉酸の摂取を推奨している訳ですから、むしろ母体には有効な栄養素です。

 

葉酸サプリに限ったことではありませんが「過剰」はやめましょう、という事です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top