流産後 葉酸サプリ

流産後に葉酸サプリを飲むとよい理由

流産を一度でも経験してしまうと、女性はどうしても妊娠に対して神経質になってしまうものです。また流産するのではないか、そんな恐れをなかなかぬぐえずにいる人に知ってほしい、葉酸サプリの力についてお伝えします。

 

葉酸が子宮のダメージを回復

流産手術後の子宮のなかは、子宮内膜が薄くなっている状態です。ここから妊娠しやすいふかふかの厚い子宮内膜へと回復させていく過程で、葉酸が役に立ってくれます。葉酸には造血や血行を促進する働きがあるため、子宮の血行がよくなり卵胞が活性化します。

 

卵子の入っている卵胞が育つと卵胞ホルモンが分泌され、それを引き金にして黄体ホルモンが分泌されます。黄体ホルモンは子宮の回復に重要なホルモンで、子宮内膜を厚くフカフカな状態にしてくれます。

 

このように葉酸は、手術後のダメージの回復をはかり、妊娠しやすい体づくりをかなえてくれます。

 

葉酸で流産しにくい体づくり

妊娠初期で流産が起こりやすい原因のひとつとして受精卵の先天的な奇形があげられますが、葉酸は細胞分裂するときの受精卵の奇形を予防してくれます。

 

ほかにも流産の原因としてホモシステインという血液中の悪玉アミノ酸があげられます。葉酸はこのホモシステインを悪玉から害のないアミノ酸へと変化させてくれます。

 

このように葉酸は流産しにくい体づくりに役立ってくれるのです。

 

精神的なショックを和らげる

流産は女性に大きな精神的ストレスを与えます。ショックで次の妊娠が不安で怖くなってしまったり、精神的に不安定な状態が続くとホルモンバランスが崩れてしまいます。するとますます流産しやすい状態や妊娠しにくい状態になってしまうのです。

 

ここでも葉酸が役立ちます。葉酸にはストレスや不安をやわらげる効果があり、うつ病の治療にも使われています。心のダメージを回復させることでホルモンバランスを安定させ、次の妊娠に向けて心も体も準備していけるようになるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top