葉酸サプリ 不安

葉酸サプリを妊娠初期から飲むべき理由

妊娠がわかると嬉しい気持ちと同時に、無事に健康な赤ちゃんが生まれてほしいと言う気持ちも強くなりますよね。自分の健康状態にもいつも以上に敏感になってきます。

 

妊婦や赤ちゃんの健康には葉酸が必要、とよく雑誌やネットで目にしたりすると思いますが「自分はまだいいや」なんて思っているなら要注意です。葉酸は妊娠初期こそ摂取する必要があります。その理由についてお伝えします。

 

なぜ妊娠初期から葉酸が必要なの?

お腹に宿った赤ちゃんは細胞分裂を繰り返して育っていきます。昔、保健体育の授業で教科書に載っていた図解を覚えている人もいるでしょう。たまごからたつのおとしごみたいなかたちになり、細胞分裂を繰り返しながらどんどん体の形を変え、やがて人の体に育っていきます。

 

この過程でお母さんの体では通常の2倍近くも葉酸が消費されるのです。特に妊娠0週〜7週目の「細胞分裂期」は赤ちゃんの脳や脊髄、内臓などが作られます。このときに葉酸が重要な役割を果たします。

 

妊娠週数は最後の生理が来た日からカウントしますので、人によっては妊娠がわかってから1か月後にはすでに7週目に入っていることもあるでしょう。大事な時期があっという間に過ぎてしまいます。

 

ですから、葉酸は妊娠してから摂取しはじめる人が多いですが最近では妊活中の女性も積極的に摂取している人が多くなってきています。

 

葉酸が足りていないとどうなるの?

妊娠初期の大事な時期に葉酸が足りていない場合、赤ちゃんの脳や脊髄神経に障害が起こるリスクが高くなるとされています。胎児の「二分脊椎」や「無脳症」といった神経管閉鎖障害と言われるもので、奇形(先天性異常)の赤ちゃんができる危険性が高くなってしまうのです。

 

これは何としても避けたいと誰もが思うことでしょう。このリスクを低減するには、妊娠初期から葉酸を毎日400μg摂取することが推奨されています。その確率が7〜8割も低減できるといわれており、葉酸の摂取を厚生労働省や産婦人科でも推奨しています。

 

ただ、毎日400μgと言われても食事から十分に摂取するにはどうしたらいいかわからないのではないでしょうか。そこで確実に葉酸をとるためには葉酸サプリを毎日飲むことが最も手軽で確実な方法だといえます。

 

妊娠初期の定義は妊娠0週〜15週6日(月齢1ヶ月〜4ヶ月)です。葉酸の摂取をはじめましょう。

 

参考記事

妊娠中に葉酸が必要な理由とは?
葉酸摂取の必要性について、海外医学論文の翻訳。

 

こちらのコーナーでは、葉酸サプリに対する不安とその答えをまとめましたのでご覧ください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

葉酸サプリの不安と答え:葉酸サプリ100人の口コミ!記事一覧

葉酸が母体とお腹の赤ちゃんの健康によいと知ると、せっせとたくさん摂ろうとしてしまう人も中にはいるでしょう。ですが、葉酸を多く摂取することの危険性についても知っておくべきです。良かれと思ってしたことが後になって後悔の元となってしまうことのないよう、正しい知識を身につけましょう。葉酸サプリの危険性について説明します。葉酸の過剰摂取が副作用をまねく?葉酸を食品から摂取した場合、尿などで排出されるため、大...

妊娠して葉酸サプリを飲み始めると、実母や義母から余計なものを飲まないほうがいいと言われたりする人もいるでしょう。昔の人は葉酸サプリなんてなかったけれど、元気な赤ちゃんを産んでいたと言われると、確かにそうです。ですが、現在は厚生労働省が葉酸の摂取を推奨しており、その背景には胎児の奇形が25年前に比べて2倍に増えている現実があるのです。葉酸サプリの摂取が胎児にどのような影響を与えるのか、正しく理解して...

葉酸サプリの過剰摂取はよくないと知っている人が多いと思いますが、意識しないうちに飲み過ぎと同じ状態になっていることがあるのです。葉酸は妊婦の体にいいからと、葉酸サプリを飲んで、葉酸ドリンクを飲んで、葉酸クッキーを食べて、なんて人はいませんか。これでは葉酸の摂りすぎになってしまいます。葉酸サプリの飲み過ぎや摂りすぎを避けるために、おさえておきたい注意点をまとめました。葉酸を過剰摂取するとどうなるか?...

流産を一度でも経験してしまうと、女性はどうしても妊娠に対して神経質になってしまうものです。また流産するのではないか、そんな恐れをなかなかぬぐえずにいる人に知ってほしい、葉酸サプリの力についてお伝えします。葉酸が子宮のダメージを回復流産手術後の子宮のなかは、子宮内膜が薄くなっている状態です。ここから妊娠しやすいふかふかの厚い子宮内膜へと回復させていく過程で、葉酸が役に立ってくれます。葉酸には造血や血...

葉酸は旦那さんも飲んだほうがいいという説をネット上でたくさん見かけるようになりました。妊活中の女性は気になるところだと思います。旦那さんに葉酸サプリは必要なのかについて、調べてみました。男性の葉酸の効果について男性の葉酸摂取の効果についての研究結果があります。カリフォルニア大学バークレー校が行った研究で、葉酸が不足している男性の精子は、葉酸の摂取量が多い男性よりも精子に異常が発生するリスクが高くな...

ダウン症で生まれてくる子供の数は増加傾向にあります。これだけ医療が進んでいるにもかかわらず、なぜ?と疑問に思うのではないでしょうか。ダウン症には治療法がありませんので、妊娠前からの対策が必要です。そして、妊娠中にもできる対策があります。ダウン症の原因は?ダウン症の原因は細胞分裂の異常です。卵子または精子のどちらかで染色体の分裂が正常でなかったり、受精卵の初期の分裂異常が原因のひとつと言われています...

てんかんとは、脳の慢性疾患であり突然死を引き起こすようなものではなく、発作的なもので珍しい病気ではありません。てんかんの症状と原因とは?1000人中5〜10人の確率で発症します。発症する年齢を見ると3歳以下の女の子に多く、大人になってから発症するケースは少ないです。しかし、脳梗塞や脳出血など脳に損傷が起こってからてんかんを発症するケースもあるので高齢になるとてんかんを発症する人もいます。遺伝的に発...

妊娠中の女性は流産という言葉にナーバスに反応してしまうものです。特にはじめての出産の場合は、流産の不安を抱いている人が多いのではないでしょうか。オランダの研究グループによると、流産の経験のない女性と経験のある女性とで血液中の葉酸の濃度を調査したところ、流産経験ありの女性の方が葉酸濃度が低いという結果になったそうです。葉酸サプリは胎児の正常な発育のためだけでなく、流産の予防にも効果的です。ここでは葉...

発達障害という言葉をネット上で頻繁に目にするようになりました。人と話しても話がかみ合わなかったり、注意力がなくミスが多い、集中力に欠ける、じっとしていられない、などの症状があり、社会生活を困難にする障害です。人口の5%前後の人が何らかの発達障害だと言われており、かなり高い数字となっています。出産を望む女性にとって心配なデータですが、発達障害を予防することは出来るのでしょうか。発達障害の原因は?発達...

葉酸を摂りすぎると赤ちゃんが喘息になると聞いたことがあるかも知れません。これはオーストラリアで発表された研究結果で報告されており、本当のことです。安心して葉酸サプリを飲むためにも、きちんと理解しておきたいですね。葉酸による小児喘息のリスクとは?この研究報告はオーストラリアのアデレード大学で行われた実験結果であり、妊娠後期に葉酸を高容量補足すると胎児の小児喘息のリスクが25%高まると伝えています。妊...

page top