妊娠・出産でもらえるお金や申請方法

妊娠・出産でもらえるお金や申請方法

妊娠し出産すると、一人家族が増える分、やはりお金がかかりますよね。

 

医療費や教育費など、かなりの費用が必要になり、金銭面での不安がでてくると思います。

 

しかし妊娠・出産するともらえる手当金や給付金が存在しますので、是非こちらを活用していただきたいです。

 

妊娠・出産することでもらえる手当や給付金、その申請方法などについて、詳しくご紹介していきますので、これから妊娠・出産をお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

@出産育児一時金

健康保険などから支給されるもので、子ども一人に対し42万円支給されますので、双子の場合は倍の84万円受け取ることができます。

 

しかし産科医療補償制度に加入している病院で出産した場合に支給される金額ですので、この制度に加入していない病院で出産した場合にもらえる金額は、少し減額され40万4,000円になります。

 

※死産や流産し出産していない場合でも、妊娠期間が4ヵ月以上に達していれば、出産育児一時金を受けとることができます。

 

A児童手当

生まれてから中学校を卒業する、15歳の3月31日(義務教育を終える)まで国が支給してくれる手当です。

 

金額は月に3歳未満の児童一人に対し15,000円、3歳から中学校卒業までは10,000円支給されます。

 

ただし3人目以降の子どもがいる家庭は、3人目以降の子どもに対し、3歳から小学校卒業までの期間は15,000円支給されます。

 

※所得制限の限度額を超える収入のある家庭の場合、月に支給される金額は5,000円になります。

 

B医療費助成

医療費の全額または一部を、国・地方公共団体が負担してくれる制度です。

 

子どもが病気にかかり病院に連れていった際、乳幼児医療証を病院の受付で提示すると、自己負担分の医療費が定額または無料になります。

 

※特殊な医療な場合、後日返還される形の時もあります。

 

C医療費控除

1年間に支払った医療費が10万円を超え、確定申告をすると税金が返金されます。

 

(年収が200万円未満の方は、医療費が年収の5%の金額を超えた場合になります。)

 

妊娠や出産に関係のない医療費も対象になります。

 

D失業給付金

就職したいができない人に対し、再就職先が決まるまでの間の生活費として支給されます。

 

※妊娠中に申請しても、働くことができないと判断され、給付金を受け取ることはできません。

 

E出産手当金

仕事をしている方が出産した場合にのみ、支給されます。

 

産休中の間、健康保険から給料の3分の2の金額を受け取ることができます。

 

出産が予定日を遅れた場合は、その分多く支給されますが、予定日より早く出産した場合は減額されてしまいます。

 

F育児休業給付金

こちらも仕事をしている方が出産した場合にのみ、支給されます。

 

(雇用保険から支払われるため、会社に勤めている方が対象で、自営業の場合は給付されません。)

 

また産休だけなく育休も申請しなければ受け取ることができません。

 

育児休業期間中、雇用保険から給料の半分の金額を受け取ることができます。

 

ただし、雇用保険から支給されるため、育児休業する前に2年以上(月に11日以上勤務した月が12ヵ月以上)働いていた方が対象になります。

 

手当・給付金の申請方法

 

@出産育児一時金

申請用紙に記入、出産した病院の記入欄にも記入してもらい、健康保険の場合は勤務先の窓口に、国民健康保険の場合は市区町村役所に提出する。

 

A児童手当

出産してから15日以内に、住民票のある市区町村役所で手続きをして下さい。

 

毎年6月に現況届を提出しなければならない。

 

B医療費助成

出生届と一緒に、子どもの健康保険加入手続きをすると、後日乳幼児医療証が自治体から送付されます。

 

C医療費控除

家族の医療にかかった費用の領収書を1年間分全て保管しておき、専用の申告用紙を税務署でもらい確定申告の時期に手続きを行う。

 

D失業給付金

離職票と母子健康手帳・印鑑をハローワークにもっていき、会社を退職してから1ヵ月後から1ヵ月間の間に手続きを行う。

 

E出産手当金

産休前会社で専用の用紙をもらい、出産する病院の記入欄に記入してもらう。その後会社を通して健保に申請してもらう。

 

F育児休業給付金

2ヵ月ごとに申請が必要で、雇用保険から支給されるため、会社が手続きを行ってくれるのが一般的。

 

もし個人で手続きをしなければならない場合、2ヵ月に1回の申請を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ご紹介したように、妊娠・出産することで支給される手当や給付金はたくさんあります。

 

妊娠・出産で出費が多い時期だからこそ、このように金銭面でたくさんの補助を受けることができるのは、とても助かりますよね。

 

しかしどれも条件をクリアし、きちんと期間内に申請しなければ受け取ることができません。

 

期間など細かく難しいかもしれませんが、事前に知っておくと実際に妊娠・出産した時とても役に立ちますので、ぜひ今のうちから頭にいれておくことをおすすめします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top